《決定版情報》L教会と異端者一家無料ネタバレ | 迫力の「話」読み

L教会と異端者一家

《決定版情報》L教会と異端者一家無料ネタバレ

ヨールキ・パールキの人気作品『L教会と異端者一家』を紹介します

そして、ヨールキ・パールキの世界を堪能するのに
BookLiveコミック配信の【話読み】がいいです!

駒ごとに大画面で見ることができ
スマホはもちろんPC画面なら大画面で鑑賞できます


『L教会と異端者一家』の【話読み】は
加入登録や専用ソフトなど必要ありません

ヨールキ・パールキ『L教会と異端者一家』
が得意とする世界観を覗いてみませんか

エロエロが興奮のド迫力


↓↓↓『L教会と異端者一家』の最短はこちら↓↓↓



L教会と異端者一家 第1話 ログノフ教会の淫らな告解室のあらすじレビュー

北の僻地にある怪しいログノフ教会
そこで繰り広げられる快楽の行為
一体何が彼らを突き上げていくのか…

懺悔に訪れた男に神父が話しかけます
「あなたの場合は欲を吐き出してしまうのが一番良い
お手づ台いたしましょう」

すると懺悔の部屋のドアが開き
欲情で目がうつろになったシスターが
スカートをまくったまま部屋に入ってきた


懺悔の男がつぶやく
「うっあ シスターのケツの穴…すげぇ…」

シスターは呼応する
「私のおしりがお役に立てて…あああ
うれしいっですあ゛もっと…」

シスターの言葉の途中ですでに懺悔の男のペニスが
シスターのアナルに深く突き刺さっていった

「ケツの穴で善がるなんてなんてシスターなんだ」
「シスター腰が止まんねぇ」


あまりの気持ちよさに懺悔の男はあっという間に
シスターのアナルに大量のザーメンを流し込みます

シスターの快楽に溺れた表情がさらに男を刺激する
「まだ出る見てくれ収まらない…」
シスターもいきり立つ男のものを見つめて今にも吸い付きそう

神父がいざなう
「良いですよただし後ろの穴に限ります」
「そのシスターは私の妻ですから」

そういわれると男はふたたびシスターのケツの穴に
いきりたつ息子を沈めていった

神父とシスターの間には二人の子供がいた
息子のアリークと娘でアリークの姉

息子のアリークは母の喘ぎ声を聞くと欲情してしまう
抑えきれない欲情を自分で慰めるのだった


姉はそんな弟の姿を見つけては
庭の小屋へと弟を連れていき悪さをするのだった
「言ったでしょ、一人でするなら私を呼びなさいって」

「お姉ちゃんやっぱりこんなのおかしいよ」
「だーめ、こんなにカチカチになっているんだからしっかり出さきゃ」
「さっき出したのにもうこんなにしてそんなにお母様の声に興奮したの…?」

「お姉ちゃんあれはだめっ…」
アリークがそう言う間に姉はアリークのものを咥えていた


姉の吸い付くようなフェラに悶絶する弟
しかし突然姉は起き上がる
「時間切れ、ごめんお父様の授業なの」

「お姉ちゃんもっと…」
そう言って姉の胸に顔をうずめる弟だが
姉はいつも自分の思うがままにちんポをしゃぶる
しかし決して挿入はさせようとしなかった

「アリークいいこと教えてあげる」
「お母様は信者相手の挿入はアナルとか許されないの」
「だからいつもね告解の後は自分で慰めているの…」


L教会と異端者一家 第1話 ログノフ教会の淫らな告解室のあらすじ 感想

ヨールキ・パールキの今回の作品のテーマは「近親相姦」
繰り広げられる愛欲の場所は教会であり神父の家族…

本来背徳から一番遠い場所
その中で繰り広げられる歪んだ関係…

衝撃的な最初のシーンは
信者の男に神父自身が自分の妻を提供する

懺悔する男には妻であるシスターのアナルだけが許される
アナルで善がるシスター


信者にすっかりアナルを開発されてしまったのだろうか
しかしアナルだけでは満足できないシスターは
その行為の後に自ら慰めている

神父との夫婦生活は一体どのようなプレーなのか
そんな伏線に引き込まれてしまう

母と信者の喘ぎ声に年ごろの息子が反応する
母の発情した女の声でオナル息子

それだけでも次の展開がワクワクするのに
そこにさらに姉が絡む


姉はフェラの名手
いつも弟のちんポを一方的に悪戯して
断てなくなるまで出すのが楽しみ

何ていい姉なんだろう
こんなお姉さんがいたら
毎日お願いしたいものだ

第1話はまだまだ触りに過ぎないが
背徳感と想像以上の近親相姦レベルに
引き込まれていく加速度が半端ない


↓↓↓無料で試し読み♪↓↓↓


L教会と異端者一家 第2話 姉は父と弟は母と…のあらすじレビュー

姉のキーラは神父の父親から教会の教えを学んでいる
今日もその授業がある

授業が始まったが姉のキーラは手中できない
そんなキーラの様子を察した父がつぶやく

「おかしいな…メスのにおいがする
小屋で半端に終わらせてきたね」

キーラは父に言った
「もう我慢できないんです。いつも身体が疼いて…」

「仕方のない子だ…」
父の手がキーラの唇に滑り込む


キーラは思っていた、うちの家族はおかしいと…
キーラは教会の外へ出ることを禁じられている
しかし教会の資料室で本を読むうちにその異様な状態を認識していた

はじめて父親にもされた時のことははっきりと覚えていた
深夜の聖堂で父に「学校へ行きたいと」言ったのがきっかけだった

父が悲しそうな表情でキーラに触れた時
キーラの全身から力が抜けていった

そして一人では到底得られない快楽を
一晩中教え込まれた…
日が昇るころにはキーラの子宮は父の精子で満たされていた


そうして調教されて行ったキーラは
身体の疼きを父親との交尾で満たしていく

キーラは父親の匂いを嗅ぐたびに
後ろめたい気持ちがかき消されて行き
はしたなくも欲望のままに求めてしまう

そして父親の恍惚の表情を見ると
自分自身さらに欲情していってしまう

「お父様ください…私の顔に精子を…」
そう言いながらクリをいじってしまう
もう我慢の限界…


「ほしいか?」
「あっ…ほしいの…ほしいのお父様…
発情した雌に入れてください…」

「いきなり…そんな激しく…あっ」
「…よくこなれているな」

父は娘の感じるスポットを把握していた
深く挿入しながら正確にそこを突いていく


父はのけぞるキーラに話しかける
お前にはいずれこの教会のシスターになってもらわないといけない
毎回こんなことでは授業が進まないよ

お父様が私をこんな体にしたのに…
キーラはそうつぶやきながら
快感でもう何も考えられなくなっていった

「もっとください…」
「お前はお母さんよりいやらしいシスターになりそうだ…」

そのころ告解室では
母と息子が快楽を貪っていた…


L教会と異端者一家 第3話 もう一人作るかい?のあらすじレビュー

神父である父とその娘キーラが欲望を貪っているころ
同じ教会の中で、しかも告解室のなかで
シスターである母と息子アリークも交尾していた

「はっ…お母様っ収まらないよ…
おちんちんもっと気持ちよくなりたい…」

「いいわ??今度はママが動く番ね」
そう言って母親は息子の股間にまたがって腰を深く沈めていく
「おっぱいをすっててくださいね??」
「ちょっといっちゃった…」


そう言って悶える母親
なんというエロさ
想像するだけで股間が固くなります

「おちんポ苦しいネッ今動くからね」
優しく母親がつぶやくだけで
そのエロさが100倍になるような気がしてしまう

シスターでもなく母でもなく
もうただの欲情した雌としか言いようがない
火照った豊満な身体が
息子の上に覆いかぶさり
いやらしい音を立てて
お互いの歓喜を言葉に出す


「ちんポ硬いのぉぉぉぉぉ」のけぞる母
大きな胸の谷間で十字架が躍る
なんという背徳感
人間の心の闇をとらえて離さなくなる
騎乗位の母親の中に息子の液体が注ぎ込まれていく…

2人はお互いの欲望を満たした証として唇を合わせる
そして母は悪魔のささやきを息子の耳元でした
「ママがこんな体になってしまったのは
貴方とお父様のおかげなのよ…」

まるで何事もなかったように4人そろって夕食の食卓を囲む
母親は屈託のない笑顔で家族に話しかける
「今日のスープは自信作なの宅さん召し上がれ」

寝室で…母は…
「見て…あなた…」
「お夕飯のスープにお薬を入れてみたの
さわってもいないのにもうこんなに…」


どれだけ好きなのか
それとも絶倫家族なのか
頭の中はいつも盛りのついたオスのよう

神父の父親は何やら意味深な言葉を…
「やはり私の精子でないと印が薄れるね、なんならもう一人作るかい?」
「ああ…ほしいです種付けしてくださるの?うれしい…」

スープに入れた媚薬もきき
2人は激しく子作りエッチを始めた
突き刺されてのけぞるシスターがエロすぎる
ビーズを付けた乳首がエロさを引き立てる
「くだしゃいせいえき奥まで…」

シスターを縛り
あそこに玩具を指したまま
神父は子供たちを見に行った…


↓↓↓L教会と異端者一家 無料で試し読み♪↓↓↓

《決定版情報》L教会と異端者一家無料ネタバレ | 迫力の「話」読み
タイトルとURLをコピーしました